iPhoneで生活は変わるか(あるいはWiMAX)

iPhone≒iPod touchハイスペック版
…ちょっと前はそんな認識だったのですが、購入から半月ほど過ぎてもだいたいそんなもんです。
元々touch使いだったので、iPhoneに乗り換えるに当たりiPod touchのアプリをそのまま持ってきたのも、類似感を持つ原因かも。

強いて言うならiPhoneの方が周辺アクセが充実してるくらい。
例えばiPhoneの背中にICOCA入れるポケットをつけたり。

定期券むき出しもどうかと思うのでステッカーぺたり。
(あんまり痛くないけど)痛ICOCAなんて始めて作ったのでちょ→苦労した、無駄に気合いれ過ぎてむしろ頭痛がいたい^^;
…脱線しました。

閑話休題。今までiPod touch使ってきて、iPhoneに乗り換えたあとの大きな違いは、まずはGPS&電子コンパスでしょうか。
これと地図アプリorサイトがあれば迷子になった時の安心感が違いますね、迷子にならないとは言いませんけど。
つい先日、電車旅で迷子になったし…;

あと、カメラの解像度や性能も見逃せないポイント。
何より、ちゃんとフォーカスが動くのがイイ!
touchだとパンフォーカス固定なんですよね。
合わせる必要がないので撮影が早いとも捉えられるけど、至近距離にはどうしても弱かった。

ただ、仮にGPSやカメラが同等のスペックなら、iPod touchを使い続けたかもしれません。
遠征しなければだいたいWiMAX圏内なので3G回線は今のところ使ってないし、スペック不足はこまめなアプリ終了でおおむねカバーできるし。
電話? 機種変してから一度も有効活用されておりません。orz

結局のところ、機種変以降に起きたモバイル環境の変化は、iPhoneではなく主にポータブルWi-Fi起因のようです。

屋内に弱いとはいえ、これはなかなか手放せない一品になりそうです。

Posted from するぷろ for iPhone.

コメントする