各プラットフォームのToodledoで使えるもの、使えないもの

タスク管理に振り回される日々。

どうもToodledoを試していると、日付周りでうまく動かないことがあるのです。
日付検索やTimer、完了日あたりの動作が操作環境によって違うのです。

そこで、全環境でストレスなく扱えるフィールドだけを使うことにしました。

Toodledo 各PF 利点と欠点

というわけでザックリと調査結果を羅列っ!

 Web版 http://www.toodledo.com
  ○全機能が正常に使える
   PC、iOS、Androidから同じ環境を使える
  ×スマホからでは操作しにくい

 モバイルWeb版 http://m.toodledo.com
  ○iOS、Androidから同じ環境を使える
  ×午前0時~午前9時まで、Hotlistや日付検索が正常動作しない
   午前0時~午前9時まで、今日のタスクが明日扱いになる
   午前0時~午前9時まで、完了にした日付が昨日になる
   フィールドの並べ替えが出来ない
   保存した検索が使えない

 iOSアプリ版
  ○ほぼ全機能が使える
  ×開始・終了時間が5分刻みでしか選べない
   Web版でタイマーを開始した場合、アプリ版では開始時間+9時間に見える
   15時以降、完了にした日付が明日になる

 Androidアプリ版
  ○ほぼ全機能が使える
   完了した日付は正しいみたい
  ×タイマーが操作できない
   保存した検索が使えない

 IFTTT連携
  ○以下のフィールドが使える
   Title, Folder, Context, Tags, Star, Priority, CompletedAt, DueDate, Note
  ×CompletedAtは日単位、終了”時間”は取得できない ※ToodledoのAPIの仕様?
   (DueDateは終了時間記載があれば予定時刻付きで取得)
   開始日時は取得できない
   Timerは取得できない

したがって、全環境で使えるのは

  • タスク名
  • フォルダ
  • コンテキスト
  • タグ
  • スター
  • 優先度
  • ノート

となります。基本的にこれ+開始日時/締切日時だけを使うことにします。

完了日(CompletedAt)は環境によりずれる場合があるのが厄介。
ここがずれなければ、IFTTT経由でevernoteへのDailyTask記録が捗るのですが。。。
Androidを使うか、iOSでは午前と午後でアプリとモバイルWebを使い分ける必要あり。
#ズレが発生するのが0時から±9時間のタイミングなので、どうもGMTとJSTの時差が絡んでいそうではありますが。

その他、開始日時/締切日時はIFTTT連携以外では問題ないので、使ってもよさそうです。
また、タイマーが一部環境で使えないので、時間記録は別サービス…Togglに頼ります。

まだまだ悩み中

やりたいことは「タスクシュート」および「ライフログ」なので、それ用のアプリを使えばいいのですが。
よくガジェットを壊すので、なるべくクラウドを使いたいのです。
しかし今のやり方、ToodledoとToggl併用も面倒感は否めない。
もう少しお手軽に、ゆる〜くタスク管理できる方法のほうがボクには合っているのかもしれません。
この、タスク管理/ログの精度と面倒くささのバランスは、まだまだ自分なりの答えを見つけられていません。。。